« 『走れメルス 少女の唇からはダイナマイト!』NODA・MAP 第十回公演(2004/12/28) | Main | 攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG #19, #20 (10) »

2004.12.31

『TRIP ON JAZZ』飛頭/吉田アミ@(高円寺)円盤(2004/12/29)

 すっかり吉田アミさんの追っかけとなっている今日この頃。こちらの都合ともうまく合ってしまうので、どうしてもそういうことになってしまう。

 やっぱり『虎鶫』でやられて、アップリンクファクトリーのソロでとどめを刺されたというところか。

 カリフォルニアドールズのライヴもやって欲しいです。来年は是非。
「円盤」は初めて行くスペース。ウェブサイトを見ても何となくイメージが掴めなかったけど、入ってみてすぐに理解。小さなビルの一室に、バーのカウンターがあったりCDの棚があったり、そしてちょうど店に入ったとき、リハーサルの真っ最中だった。微妙に得した気分でCDの置いてある棚へ。すごい。田中角栄の講演CDとか売ってた。買おうかと思ってしまったが、年内はもうCDを買わないことにしてあったのでまた今度。他にも興味深いCDがいろいろ。JET SETといい、いろいろなスペースに足を運ぶと、メジャーな店では絶対にお目にかかれないようなCDがたくさんあって嬉しい。個性派CDショップ巡りはまた来年だな。自主制作とか中古なら、一万円も使えば、結構な枚数が買えてしまう。聴く時間がないのが問題だが。

 演奏者たちは本番前から飲みまくっていた。そういうものなのか。でも誰も酔っぱらっているようにはみえなかったけど。

 抗鬱剤を飲まなくちゃならなかったので、チャージを払ってエビアンを。とほほ。椅子は四人掛けが二列。店のスペースの大半を演奏者が占める。カルテットともなれば、仕方ない。ピアノはスペースが狭いのでアップライト。誰かが言ってたけど、グランドピアノじゃないのがちょっとだけ残念。

 リハが終わるとメンバーは息抜きに外出。でも開演時刻を過ぎても戻ってこないメンバーが。そういうものなのか。

 お客さんも演奏者の知り合いとかそうでない人とか、いろいろだ。

 でも、吉田アミさんのあのヴォイスとジャズバンドの組み合わせ! 考えただけでもゾクゾクする。何かすごいことが起こりそうな予感があった。

 しばらくしてバンドのメンバーが戻ってきて、定ハ置に付くと店全体がほの暗くなり、ベースの人がコルグの古いシンセ(MS-50あたり? 鍵盤のないやつ)でノイズや電子音を出し、電車が通ると(中央線の高架のすぐ下に店はある)、電車っぽい音を出したり、しばらくはシンセでノイズとかいろいろな音を出して、それからバンドの演奏へとシフト(ウッドベースはシンセにもつないであったっぽいけど、よく分からない)。

 バンド名は「飛頭」なんて読むのかわからない。聞けばよかった。メンバーは、ミドリトモヒデ(sax)、塚本真一(piano)、菊地雅晃(bass,electronics)、イトケン(drums)。

 その最初の曲は、ベースの菊池さんの作曲で「ミッドナイト・オフィス」。残業をテーマにした曲だとか……昔バイトしてた頃のことをもとに書いたのだとか。

 実はこの曲だけで結構やられてしまった。ジャズにはそんなに詳しくないから各自自分の耳で聴いて判断して欲しいのだけど、モダンジャズの延長上にあるようにみえながら、「飛頭」は実は切断されているのではないか。形態はモダンジャズだけど。あとでメンバーの人がメシアンのCDとか掛けてたから、むしろ現代音楽とか、そっちの方に近いのかもしれない。

 すごくカッコイイ。CDとか出してるんだろうか? ちょっとググってみたら、制作中、という記事は発見。それと、来年発売のコンピレーションアルバムに入るのだそうな。

 三曲やって休憩。素晴らしい演奏だった。抗鬱剤を飲んでから二時間経ったので酒を飲む。旨い。

 吉田アミさんがソロはやめようと言い出して、そういうことに。

 休憩後、照明が落ちると吉田アミさんがソロでヴォイスパフォーマンスをはじめる(吉田アミさんのヴォイスパフォーマンスを言葉で説明するのは無理なので、CD買うかライヴに足を運んでください。来年にはDVDも出ます)。しばらくそれに聞き惚れていると、飛頭のメンバーが定位置に付き、途中から演奏に加わる。ものすごくスリリング! めちゃくちゃ気持ちいい!(曲の名前とかわからない。ごめん。)

 そこからあとはほとんど目を閉じて聴いていた。エタノールで適度に弛緩した脳の中を音が飛び交う、というよりもペイントされる。私は批評家でもなんでもないただのリスナーなので、他になんて言ったらいいのかわからない。

 そのメンバーで二曲演奏後、店のマスターだと思って多人が実は演奏者で(名前を失念しました。ごめんなさい)、ピアノの隣にあった巨大なアナログシンセ(やっぱり鍵盤のないやつ。どこのメーカーのだろう? 状態はきわめて良好)、その巨大シンセのスライダーを自在に操り、吉田アミさん同様楽譜とは無関係なインプロヴィゼーションを繰り広げる。飛頭のメンバーたちはもそれにインスパイアされたような演奏を(目を瞑っていたので、脳の中にペイントされる「色彩」から判断してのことなのだけど)。リズムに乗る心地よさとかよりも、ほとんどトリップ状態。イベントの名前はいつの間にか事実になっていた。

 そして最後にもう一曲やろうかということになって、吉田アミさんがリードを取って、それにみんなが合わせるという全員が完全なるインプロヴィゼーション状態へ突入! 

 あの演奏の途中で、このまま死んでもいいと思ったよ、マジで。

 説明は不可能。あの場に居合わせた人だけが味わうことのできた快感。でも録音してた人もいた。私も録音したかったなあ。でもあの場だけで消えてしまうというのもはかなくていいのかもしれない。

 演奏が終わるとすぐに、アナログシンセの方はバーテンに戻って私のグラスを下げてくれてしまった。何か申し訳ない感じ。

 しばらく呆然としてから、覚えていてくれるだろうかと思いながら吉田アミさんに挨拶してから帰ろうとしたらアミさんの方から声を掛けてくださった。感激。ブライスさまのおかげです。しばし(ブライス)雑談。それから挨拶をして円盤を後にした。

 表へ出たら寒かったのはともかくとして、酔っぱらっていたせいか、駅とは逆の方向に向かってしばらく歩いていってしまったのは、ここだけの秘密だ。

|

« 『走れメルス 少女の唇からはダイナマイト!』NODA・MAP 第十回公演(2004/12/28) | Main | 攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG #19, #20 (10) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『TRIP ON JAZZ』飛頭/吉田アミ@(高円寺)円盤(2004/12/29):

« 『走れメルス 少女の唇からはダイナマイト!』NODA・MAP 第十回公演(2004/12/28) | Main | 攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG #19, #20 (10) »