« April 2006 | Main | June 2006 »

2006.05.29

東京事変@NHKホール 2006/05/26

 ツアーの名前は「"Domestic"Just Can't Help It.」

 渋谷に来るのは半年ぶり。かといって特別な感慨があるわけでも無し。

 ただ、渋谷はガキの街ではなくなったなと。かつてガキだった我々も出没するから。 

 東京事変のライヴ会場であるNHKホールにも老若男女取り混ぜて。まあ、圧倒的に若い人が多いんだけど、女子率と男子率どっちの方が高かったか微妙。同じくらい? もしかしたら女子率の方が高かったかもしれない。

 事前に会場でグッズをいろいろ売っていることは知っていたけど、長蛇の列が。百メートルはなかっただろうけど八十メートルくらいはあったような気がする。始まるまでにグッズ売り場にたどり着けるかと思ったけど、十分ちょっとで到着。

 手錠プリントのTシャツを買おうかと思ったけど、箔押しだというのでやめた。洗濯したらぼろぼろになりそうで。結局パンフレットだけ買った。

 グッズ入れの紙袋も売っていたのだが、みんなそれに買ったものを入れるという寸法。デザインが結婚式の引き出物入れっぽい。

 実は生林檎は今回が初めて。ファンを始めたのが「歌舞伎町の女王」の頃からだから、ずいぶんになる。なぜライヴ会場に足を運ばなかったかといえば、チケットを取るのが大変そうだったから。今回は友人の特別のご厚意で参戦できることになった。

 でも、あまりにも長くファンをやっているので、緊張感はあまりなかった。

 東京事変に関しては、脳病のひどい時期と重なっていたので初期のシングルを何枚か聴いただけ。つい最近になってファーストをやっと聴いたというところ。今回のツアーの「ADULT」はまだ聴いていなかった。でもそれがどうだというのだ。曲を知っていようがいまいが聴かせてこそのバンドではないか?

 ステージが始まって思ったのは、やっぱり椎名林檎は歌がうまいなということ。CDではコンプかけまくりなのであのうまさが半分死んでいるのがとても残念だと思う。

 バンドのうまさも特筆ものだ。メンバーチェンジして亀田師匠以外はほとんど入れ替わったのかな? まあその辺は詳しい人のブログでも参照してください。

 師匠のベースはすごくいいね。年齢も飛び抜けて上だけど。ドラムスがものすごくパワフルで師匠とは感覚的に違うのだけど、それでも素晴らしいリズムセクションになっている。

 そこにギターとピアノ(キーボード)、林檎姫。

 久しぶりに大きなハコに行ったわけだが、いろいろ変わっていて時代の流れを感じる。ミュージシャン側のモニターは全部イヤホン。ステージの前の無骨なスピーカーはなくなった。ギター関係もほぼワイヤレス。でも音は昔よりもいいくらい。

 歳寄りの戯言だけど、八十年代後半から九十年代前半はポップスだろうがロックだろうが何でもかんでも爆音で、ライヴ会場をあとにするとき必ず難聴気味になっていたものだが、今はうまく音をコントロールしていて、耳に優しくて、しかも通る音を出すことができている。

 ステージはシンプルで、映像を映し出すことによって効果的な演出を行っていた。あと、林檎姫を初めとして衣装替え。これはなかなか楽しかった。「りんごちゃんかわいいー」と叫んでる人が隣にもいたが、然り。

 知らなかったり忘れたりしてる曲ばかりだったが、どれもすごく楽しめた。みくしなんか見ると泣いたりしてる人もいたようだが、泣けなくなってるのは歳を取った証拠。自分よりもずっと若いメンバーがすごいことをしていると、なんていうか、お姉さんかお兄さんの気持ちになってしまうのだ。自分を重ね合わせるというよりは。

 若かったら泣いてたかもね。

 ちなみにわたくしは椎名林檎と雰囲気がどこか似ているらしい。仕事で林檎姫とお話しした友人がそう言っていた。どこがどう、ということじゃなくてらしいけど。

 最初数曲はちょっとかたい感じがしたけど、そのあとは脂がのって、あとツアーも終わりということで独特のリラックス感が何ともいえず。

 にしても林檎姫、ソロのときよりも若返った感じ。子持ちなのに。三十も近いというのに。とてもいい状態にあるってことなのかも。

 えー、インチキギタリストのわたくしはギターにも注目していました。ギターの浮雲氏がメインで使っていたギターは二台。片方はVOXのファンとむというヤツ。白い方のギターね。もうひとつの三角形のキラキラしたギターは不明。知らないギター。

 林檎姫がメインで使っていたギターも不明だったが、偶然ネットの某所で見つけた。GIBSON RDというシリーズのどれか。七十七年前後に作られていたアクティブサーキットのギター。回路はなんとMOOG! 欲しい! と思って探してみたら絶対に買えないというほど高いギターではなかった。ヴィンテージものとしては安い方だろう。

 でもなあ、林檎姫のギターって私の手に馴染まないことが多いんだよね。Duesenbergとか……

 もう一本は「リッケン620」、あとアコギ。

 しかし、久しぶりにオールスタンディングじゃないのにオールスタンディングで見てしまったよ。気持ちよかったけどね。リズムに合わせてからだ動かすと近所の人にぶつかるけどさ。

 途中でバービーボーイズのカヴァーとかやったんだけど、近所の人が一瞬みんな止まってた。ごめんよ、わたしはリアルタイム世代だよ、と勝手に盛り上がる。

 アンコールでやった「丸の内サディスティック」はなんかよかったな。なつかしー、みたいな。アレンジも変えて。

 帰りに気になっていたアナログ盤を買う。プレーヤーないんだけどね。ポスターもらっちゃった。どんなのだかまだ見てないけど。

 ずっと体調悪くてあらゆるライヴパフォーマンスを半年くらい見てなかったんだけど、やっぱりいいや。インスパイアされるし。もう少し体力付けて、いろいろ見に行きたい今年の後半であった。

 あ、セットリストとかは他の人のブログとかウェブサイトとか見てね。もうわたしはそういうのを載せる役割ではなくなったなとしみじみと思うので。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.28

発振零零七式

 趣味の音楽サイトTexas Experiment に新しい音源を追加しました。

 世界に(たぶん)一台しかない秘密機械を導入しました。あまりノイズっぽくないかもしれません。

 http://homepage2.nifty.com/tex-exp/#osc007

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.24

好きなものバトン

 友人のところから拾ってきました。

 早速やってみましょう。なんか以前にもやったことあるかもしれないけど、どうせ人間なんて毎日変わるものだし。

■一番好きな季節
 どの季節も同じくらい好きだし嫌い。

■一番好きな時間帯
 季節やその日の気分によってまちまち。

■一番好きな香り
 金木犀。

■一番好きな国
 国はどこも嫌い。

■一番好きな店
 書店。

■一番好きな音楽
 そんなことが言えるくらいならCDが棚から溢れたりしない。

■一番好きな飲み物
 結局のところ、水でしょう。あんまりうるさいことは言わない。

■一番好きなお菓子
 そんなの選べるくらいなら苦労しない。

■一番好きな和食
 特にないですね。おしなべて好きですが、生ものは腸が弱いので少し苦手。特に牡蠣とか。生牡蠣は絶対に食べません。

■一番好きな洋食
 食べたことのないもののほうが多いので何とも。量が多すぎるのは苦手。養殖といえるかどうかはわからないけど、フランスパンはこの世でいちばん好きな食べ物のひとつ。

■一番好きな動物
 蛙かな。

■一番好きな名前
 別にないです。

■一番好きなアクセ
 首輪。

■一番好きな洋服
 普段着。

■一番好きな場所
 家の中とかベッドの上とかパソコンの前とか。

■一番好きな温度
 爽やかで軽く動いても汗ばまない程度。

■一番好きな髪型
 特にないです。

■一番好きな色
 黄色かバーミリオン。

■一番好きな人間性
 複雑すぎて答えられません。

■一番好きな顔文字
 実は顔文字使うの好きじゃないんです。でも便利。

|

2006.05.19

光ファイバーの憂鬱

 光ファイバーに乗り換えてから一年と少しになるが、二度トラブルが発生している。どちらも私の責任ではない。

 ひとつは、以前にも書いたかもしれないが、カラスが光ファイバーを食いちぎってしまったというもの。巣作りの材料にでもしようとでも思ったのか。修理に来た人に尋ねると、やられる場所はだいたい決まっているのでそこさえ補強してやれば大丈夫だということだった。

 実際、それ以後カラス害は受けていない。

 もうひとつは数日前の出来事。仕事から帰ってきたらネットに繋がらない。またサーバーでも落ちているのかと思ってメディアコンバーター(モデムみたいなもの)を見ると、すべてのランプが消えている。おーまいがっ。

 コンセントを差し替えても何してもダメ。仕方ないのでサポートに電話して翌日修理に来てもらった。

 結局メディアコンバーターの交換ということで片づいたのだが、こういうことってときどきあるんですかと修理に来てくれた人に尋ねると、ときどきあるんです、とオウム返しにされた。原因はよくわからないらしい。とにかく、メディアコンバーターの電源付近で何かが起きて、電源アダプタもろとも破壊されるらしい。ADSL時代はこんなことなかったから、新しい時代のトラブルなんだろうな。

 こんな調子なので、仕事で常にインターネットと繋がっていないとまずい人は、無駄なようでも二回線準備しておいた方がいいと思う。まあ、停電とかだったらどうしようもないし、そもそも仕事しなくてよくなるので無停電装置を備えておくくらいでOKだろう。あくまでも個人事業の場合だが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.18

ボーダフォン→ソフトバンク(BlogPet)

きょうさぶろうは、まいまいがここにまいまいはここまでまいまいがここへブランドも解約するはずだった。
さぶろうはここまでまいまいはブランドに解約したかもー。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「さぶろう」が書きました。

|

2006.05.16

ボーダフォン→ソフトバンク

 もう、なんていうか、ブランド名だけで解約したくなりませんか?

 よほど素晴らしいデザインのロゴでも持ってこない限り逃げようかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.11

国家の品格?

 なんかそんな名前の本がバカ売れしているらしい。

 アマゾンからの引用。

日本は世界で唯一の「情緒と形の文明」である。国際化という名のアメリカ化に踊らされてきた日本人は、この誇るべき「国柄」を長らく忘れてきた。「論理」と「合理性」頼みの「改革」では、社会の荒廃を食い止めることはできない。いま日本に必要なのは、論理よりも情緒、英語よりも国語、民主主義よりも武士道精神であり、「国家の品格」を取り戻すことである。すべての日本人に誇りと自信を与える画期的日本論。

 この人数学者らしいんだけど、専門外になるとやっぱり馬脚が露呈するね。「日本は世界で唯一の『情緒と形の文明』である」ってどうやって証明したんだろうか(笑)

 あと、今の世の中論理よりも情緒で動いてるんですけど。テレビ見てれば分かるでしょ?新聞読んでればわかるでしょ? 居酒屋でいっぱいやればわかるでしょ? 

 英語よりも国語って、ほとんどの日本人が英語しゃべれないじゃん。国語も怪しいし(笑) 民主主義よりも武士道精神に至っては噴飯ものである。日本人は大半が百姓だっただぞ。だいたい武士道精神なんてほんとはごく一部の人たちの間だけの美学であって、基本的には建前。もっと勉強したまえ。小林秀雄の誤読か?

 国家の品格もいいけど、個人の品格はどうなのか。この文章を読んでしまったあなたは、自信を持って「わたしには誇れる品格があります」と言い切れますか?

 あ、本は読んでないからそこ突っ込まないでね。ただ、専門外の人が余計なこと書くとたいていトンデモ本になってしまうというもののあはれを言いたいだけなので。国家の品格(本じゃないよ)云々に言及しているわけではないのでそこのところよろしく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

そう。でもできなかった。

とりあえずもうダメです。とりあえずね。

|

快晴だった(BlogPet)

きょうは覚醒するはずだったみたい。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「さぶろう」が書きました。

|

2006.05.07

連休終了

 世の中の人は充実した連休を過ごしたのでしょうか? 私は例年通り半ば死んでました。

○四月の疲れがどっと出る。
 疲れて何もする気になれなかった。

○お通じが悪くて参った。
 休日診療にもしっかり逝きましたとも。レントゲンも撮りました。で、要するにたんにお通じが悪いだけだと。クスリも処方されませんでした。とりあえず売薬で誤魔化せと。その後お友達のお知恵で少し軽快してきたけど、神経科の医者に緩下剤を処方してもらう必要がありそう。それ系のクスリはお通じが悪くなりやすいのだとか。神経系のクスリはめんどくさい。

○最後に低気圧にやられる。
 今日はほとんど横になっていた。眠っていたというよりも意識を失っていた。 プロフにもあるけど私は低気圧に弱い。

 明日から仕事なので今日は意識して食べることにした。といっても量は少ないのだが。ヨーグルトとかこんにゃくとかバナナとか。にしてもバナナ傷み安くなってきましたね。

 あと、ここのところ変な幻覚に悩まされていないけど振り回されている。横になって半覚半睡の状態で手が何か物体をしっかり掴んでいたりするのだ。本だったり、思い出せないけど何か物体。指がちょうどそれを掴んでいる感覚はリアルで完全に覚醒するまではそれが事実としか思えない。いったい何なんだろう。のーみそ逝かれてきたのかな。

|

2006.05.04

iPod nano とわたくし(BlogPet)

きょうはまいまいとここに理由へデザイン♪
きょう、デザインしたかもー。
まいまいはデザインした?


久々に大量のスパムを喰らいました。
でも、ココログの機能改善で蠅取り紙のごとく簡.


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「さぶろう」が書きました。

|

2006.05.02

発振零零六式

 趣味の音楽サイト"Texas Experiment"に新しい音源をアップしました。ノイズです。

 http://homepage2.nifty.com/tex-exp/#osc006

 このスタイルの最終バージョンです。現在新しいスタイルを求めて模索中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »